オンラインカジノは違法なのか?それとも合法なのか?

オンラインカジノは違法なの?
現在の日本では、オンラインカジノについての法律がありません。
しかし、運営している会社の場所や運営状態により、違法にも合法になります。

 

なぜ、違法にも合法にもなるのか、過去の事例を交えながら、解説していきますね。
  • オンラインカジノが違法になる場合とは?
  • オンラインカジノが合法になる場合とは?
  • 日本に住んでいて、オンラインカジノで遊ぶのは大丈夫?

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノは世界中で人気です。
一つの産業として成り立っており、市場規模は右肩上がりです。

現在の市場規模は6兆円とも言われています。
6兆円とは、ドラッグストア業界と同じ市場規模です。

このような成長産業が違法になるのは「おかしい」ですよね?
現在の、日本の法律では「違法になる」場合があります。

以下で、詳しく説明していきますね。

オンラインカジノが違法になる場合

前提として、日本の法律で「賭博罪」があります。

日本で営業しているオンラインカジノで遊んだ場合は、賭博罪で運営元と一緒に逮捕されてしまいます。

日本で運営しているオンラインカジノでは絶対に遊んではいけません。

闇カジノや裏カジノと呼ばれているのも、同じような違法カジノですので行ってはいけません。

有名人やスポーツ選手が通っていたとされるニュースを見たことはないでしょうか?
そのような事態になるのが、このような事例です。

オンラインカジノが合法になる場合

オンラインカジノを、「カジノ合法国」で運営している企業は合法です。
その国の法律に沿っていますので、何も問題ありません。
ですので、日本の法律では海外のオンラインカジノ企業を違法とすることができません。

そこで気になるのが、「日本に住んでいて、海外のオンラインカジノで遊ぶのは違法になるの?」って事だと思います。

結論を先に言うと、私は問題ないと思っています。

根拠として、過去の事例をお話します。

2016年に、オンラインカジノで遊んでいたプレイヤー3人が「単純賭博罪」逮捕された事がありました。

 

3人のうち、2人は略式起訴を受け入れ罰金を支払いましたが、1人は納得できず裁判で争う姿勢をみせました。

結果、検察は不起訴処分(無罪放免)としたのです。

海外のオンラインカジノで遊んでも、不起訴処分になった事例です。
日本では起訴されると99%有罪になると言われています。

不起訴になったという事は、「有罪にできない」と判断したからだと考えられます。
胴元は「海外で合法にオンラインカジノを営業している企業」です。
胴元を逮捕できずに、プレイヤーだけ逮捕されるのはおかしいと思うのは妥当な判断と思います。
担当した検察官は、優秀できちんと判断ができる方だったと推測できます。

この事例後、オンラインカジノの登録者が増えたと聞いています。
やはり、先にも述べましたが、「日本に住んでいて、海外のオンラインカジノで遊ぶのは違法になるの?」って思っていた方が多かったのではないかと思います。

オンラインカジノは違法にも合法にもなる

オンラインカジノ違法

最後になりますが、オンラインカジノの選び方を間違うと違法になります。
その点だけは注意しましょう。

日本は先進国ですが、海外に比べて遅れています。
ようやくIR推進法により、統合型リゾートが日本にも誕生します。
カジノも施設内にできます。

法整備もされていくと思うので、オンラインカジノについても、どうなるのか注視したいところです。
私の予想ですが、オンラインカジノについては何も触れられずに終わるのではないかと思っています。

お試しで、遊んでみませんか?

チェリーカジノ
チェリーカジノに、入金不要で「お試し」ができます。
当サイトからチェリーカジノに登録すると、$30をプレゼント!

通常の登録では、$30を貰うことはできません。
お試しだけでもかまいませんので、ぜひ遊んで楽しさを味わって欲しいです。

チェリーカジノに登録する